新人スタッフ奮闘記

新人スタッフ奮闘記 総務社員

入社の動機について

私は予てから地元であるいわき市への就職を希望しておりました。ある合同企業説明会で、経営管理に必要な多岐にわたるサービスを提供し、地域経済の発展に貢献している当社の存在を知り、魅力を感じました。その際、採用担当の方が質問などにも誠実に答えて下さり、僭越ながら信用のできる会社だという印象を受けました。自分自身が信用できる会社で、信頼される人材となりたい、ここしかない、と思い入社を決意致しました。

入社後の当社の第一印象

なんと言ってもアットホームな職場の雰囲気です。環境の変化や学生と社会人の責任の違いに加え、私は学生時代、会計関係の勉強をしていたわけではなかったため、専門性の高い職場に不安もありました。しかし、明るく気さくな先輩方が一から指導して下さるため、すぐにその不安はなくなりました。特に、教育担当の先輩は、良いことは褒めてくださり、ミスは原因からご指導くださる尊敬できる方です。まだまだ足元にも及びませんが、一歩でも近づけるよう、日々精進していきます。

入社一年目の業務

1日のスケジュール

入社後は三カ月間の研修スケジュールが設けられています。最初の一カ月間は毎日研修を受け、学生から社会人になるための心構えから、マナーや言葉遣い、振る舞い等を学んでいきます。その後、シミュレーションなどにより経験を積み、実務へと移行していくため、一つひとつ着実に身につけていくことができます。研修期間終了後は、より専門的な業務になりますが、毎朝の研修や月に一度の新人研修、季節業務前の研修なども充実しており、とても良い職場環境だと思います。

この仕事のやりがい

総務の仕事は独立したものではなく、次の誰かの仕事につながっていることがほとんどです。初めは作業として業務をこなすことで精一杯ですが、仕事の幅が広がると、一連の流れをイメージすることができるようになります。自分が関わっている仕事が、最終的にどのようなカタチでお客様に貢献することができるのかが分かったとき、非常に喜びを感じます。
また、受付・電話応対は会社の印象に関わる責任ある業務です。直接お客様の声や表情を感じ取ることができる貴重な機会であるため、日々刺激を受けながら業務に励んでおります。臨機応変に対応することは簡単ではありませんが、とてもやりがいを感じる仕事です。

就職活動中の皆様へ

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」ということわざがあるように、自分や相手を知ることは、就職活動に限らず重要なことです。私は、就職活動を通じて初めて、自分と向き合う時間を作ることができました。自分の将来に関わる大きな決断を迫られ、不安やプレッシャーに押しつぶされそうになることもあるとは思いますが、得られるものも多いので、この機会を大切に最後まで頑張ってください。