M&A総合支援センターいわき

私達は企業と企業をつなぐM&Aで経営者の皆様をご支援致します。

弊社では後継者問題や経営戦略の見直しなどにより、会社を譲渡したいとお考えの方、事業拡大の手段として会社の譲受けをお考えの方のための支援サービスを行なっております。

M&Aというと、上場企業などの大企業が行なうものと思われがちですが、弊社では地元の中小企業様(従業員数10名未満の場合も含みます)を中心に支援サービスを提供しております。

会社の譲渡・譲受けに関する相談、譲渡・譲受け情報の掲載は無料で行なっております。
秘密は厳守いたします。安心してお問い合わせ下さい。

このようなことでお悩みではありませんか?

会社の譲渡・譲受けに関してのご相談から最終契約の締結まで全てサポート致します。

会社の今後について
  • 後継者がいないため、今後会社を続けていくことに不安を感じる。
  • 会社を辞めたいが、従業員や取引先に迷惑をかけたくない。
事業拡大について
  • 既存の事業を拡大したいが、現状では困難である。
  • 新規事業に参入したいが、どうすればよいか分からない。

双方にメリットのある仕組み

 

M&Aについて

気になる項目をクリックすると詳細が表示されます。

企業譲渡・譲り受けのメリット

企業の譲渡・譲り受けをすることで、双方にメリットがございます。

企業の譲渡・譲り受けをサポート致します。

企業を譲渡する側 企業を譲り受ける側
後継者問題の解決とハッピーリタイアメントの実現
譲受先となる第三者への企業引継ぎによって、後継者問題の解決とオーナー様の担保資産や個人保証の解除、そして創業者利益を獲得でき、ハッピーリタイアメントが実現できます。
従業員の雇用継続
企業の売却を検討される際、多くのオーナー様にとって気がかりなのは、譲渡後の従業員の処遇です。実際の中堅・中小企業のM&Aでは、多くの場合、役員・従業員の雇用継続が条件とされます。
発展的な事業承継の実現
M&Aで譲受先となる企業には、上場企業や成長企業など 経営・財務基盤の強固な企業が多く、資本業務提携によって企業体質の強化が期待できます。
事業価値の向上
経営戦略にマッチした企業を買収することによって、事業の多角化や強化を図ることが可能となります。また、同業種の企業との合併等により、マーケットシェアの拡大・スケールメリットを活かし、競争優位に立つことができます。
成長戦略の加速化
既存の事業・スタッフを承継することで、自社で一から事業を立ち上げる時間と労力を省くことができ、機動的に新分野への進出をすることができます。
投資コスト・リスクの低減
買収事業と同規模の事業をすべて自前で行なおうとすれば、はるかに大きなコストがかかることから、M&Aは初期の投資コストが安いというメリットがあります。
また、既存企業の買収ということで、売上・利益などの動向が読みやすいことから、新規立上げに比べてリスクが少ないともいえます。

企業譲渡の流れ

企業の譲渡に関するご相談から譲渡価額の査定、譲り受け希望企業の募集、最終締結まで一連のプロセスの全てについてサポート致します。

個別相談 御社の会社案内や決算報告書を基に会社の概要や業績などを確認させていただきます。また、譲渡を希望される理由や譲渡希望価額、譲渡条件等についてもお伺い致します。

 

提携仲介契約 弊社のM&A支援サービスをご理解いただいた上で契約を締結していただきます。

 

企業評価 ご提供いただいた資料を基に譲渡価額の基となる企業評価額を算定致します。

 

企業概要作成 譲受希望企業へ情報を提供するための概要書を作成します。
この段階では会社名を明かさず譲受希望企業へアプローチを行ないます。

 

企業情報資料作成 秘密保持契約を締結した譲受希望企業へ資料を開示します。
また、質問事項等について回答、追加資料の提出を致します。

 

基本合意書の締結 トップ面談を経て売買価額等の条件合意後、譲受希望企業とM&Aを進めるための 合意書を締結します。

 

買収監査 譲受希望企業が実際の財務状況、事前情報との照合などを調査します。

 

最終契約締結 買収監査後、売買価額について合意した段階で最終契約を締結し、株式、資産の譲渡を 行ない、譲渡代金を収受します。
また、弊社へM&A支援報酬をお支払いいただきます。

企業譲り受けの流れ

企業の譲渡に関するご相談から譲渡希望企業の募集、条件交渉から最終契約の締結まで、一連のプロセスの全てについてサポートを行ない、企業譲受けによる事業拡大を支援致します。

企業概要書説明 譲渡を希望している企業の情報を提供いたします。
この段階では、譲渡希望企業は匿名とさせていただきます。

 

秘密保持契約 譲渡希望企業の詳細情報の開示に当たり、秘密保持契約を締結していただきます。

 

アドバイザリー契約 譲渡希望企業とのM&Aを進めるにあたり弊社とアドバイザリー契約を締結していただきます。

 

基本合意書の締結 トップ面談を経て売買価額等の条件合意後、譲受希望企業とM&Aを進めるための合意書を締結します。

 

買収監査 譲渡希望企業の実際の財務状況、事前情報との照合などを調査します。

 

最終契約締結 買収監査後、売買価額について合意した段階で最終契約を締結し、株式、資産を譲受け、譲渡代金を支払います。弊社へM&A支援報酬をお支払いいただきます。

M&Aの料金体系

ご相談は無料で対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

手数料は譲渡企業の時価総資産額によって異なります。

相談料 無  料
着手金 100万円(※1)
M&A支援報酬 (※2) 譲渡企業の時価総資産額 手数料率
2億円以下の部分 5%
2億円超5億円以下の部分 4%
5億円超10億円以下の部分 3%
10億円超の部分 2%

※1 譲渡希望企業様については提携仲介契約時、譲受希望企業様についてはアドバイザリー契約時にお支払いいただきます。
なお、この着手金はM&A成約時の支援報酬へ充当致します。 契約締結後2年以内に成約とならなかった場合には情報提供料30万円と旅費、通信費等の実費相当額を差し引いた金額を返金致します。

※2 M&A支援報酬の最低額は210万円(税込)とさせていただきます。

弊社では個人情報保護法、その他の関係法令及びガイドライン等を遵守致しております。

お気軽にお問い合わせください。