ワンポイント・達人シリーズ

経営者に求められる資質

″経営者に求められる資質(平成21年7月号)″

経営者に求められる資質や能力は多岐にわたります。
下記の項目について分析し、経営者自身の強みと弱みを把握してみましょう。

① 決断力、行動力(決めたことは、迅速に実行する)
② 表現力(自分の考えを3分以内に説明できる)
③  リーダーシップ(年齢、考えの違いを超えて、望ましい方向にまとめる)
④ 責任感(企業の継続的発展を実行する)
⑤ 道義性(約束を守る)
⑥ 創造性(異なる考えを融合し、新しい考えにまとめる)
⑦ 財務力(決算書は、経営者の経営成績表である)
⑧ 知識、知性(歴史観、哲学を持つ)
⑨ 社会的経験(年齢、経験)
⑩ 性格(社交性、感情安定性)
⑪ 肉体的条件(健康であること)
⑫ 問題処理と適応力(問題の先送りをしない)
⑬ 渉外能力(経営者は、売上ナンバーワンの営業マンである)
⑭ 情報収集、処理、活用能力(環境の変化を先取りし、売上に結び付ける)
⑮ 後継者の育成能力(同族に限らない)

次の項目に当てはまるようであれば、反省し、自己啓発に努める必要があります。
① 経験、知識をひけらかす
② 社員の感情を逆なでする
③ 社員に恥をかかせても平気顔
④ 自慢話、手柄話ばかりしている
⑤ 社員を軽視する態度をとる
⑥ 絶えず俺がやらなきゃ駄目だと広言する
⑦ 社員の言ったことにすぐにケチをつける
⑧ 人の話に耳を傾けない

経営者が自己変革を続けていけば、会社は必然的に成長・発展していくことができます。
そのためにも、自己啓発に努めていきましょう。