ワンポイント・達人シリーズ

職場でのコミュニケーション

4月は、新入社員の入社や配置転換などで職場内での人間関係も大きく変化する季節です。新たな人間関係を構築する際にはどのようなことに気をつけるべきでしょうか。

【 人に好かれる6つの法則 】
人間関係をよく保つには、人に好かれる存在になることです。

(1)相手に対しては誠実な関心を寄せること
   人間は自分自身に関心を持ちますが、他人に対しては関心を持とうとしません。
   相手に誠実な関心と配慮を持ちたいものです。

(2)笑顔を忘れないこと
   笑顔は相手に明るさと好印象を与えます。

(3)名前を覚えること
   誰でも自分の名前に愛着を持っています。その名前を覚え、呼んであげることです。

(4)聞き手にまわること
   聞き上手の人は、相手から必ず好かれます。

(5)関心のありかを見抜くこと
   人の心をとらえ、人に好かれるには、相手が最も深い関心を持っている事柄をみつけ
   話題にすることです。

(6)心からほめること
   人はだれでも周囲の人に認めてもらいたいという願望を持っています。
   相手の小さな長所も見落とさず、その長所に対して賞賛を贈ってあげることです。


職場は一人ひとりが、その役割を果たしてこそはじめて集団としての力が発揮され、共通の目標が達成されるのです。積極的にコミュニケーションを図り、潤滑な職場環境を作っていきましょう。