ワンポイント・達人シリーズ

人をほめると「いいことが起こる」心理学

 社員のやる気を引き出すのに最も効率的な方法。それは第一に、成果に見合った十分な賃金を支払うこと。しかし、人は金銭だけで動くわけではありません。
 人からの褒め言葉、社内の明るい雰囲気、キャリアアップの後押しなど、金銭とは異なる魅力的な報酬によって、動く意欲が湧いてきます。
 未曾有な大震災後、今まで以上、社員にやる気をもって働いていただくため、人の心をつかむ「効果的な褒め方の法則」をご紹介します。

■効果的な褒め方の法則
●「いいな」と思ったら、素直に口にする
   「評価」など大上段に構えず、自分の気持ちをそのまま表す

●人がうれしくなる言葉は、すべて褒め言葉である
   言ってもらっただけでうれしくなるのは、褒めたことと同じ

●褒められて怒る人はいないので、遠慮せずに褒める
   褒められることを不愉快に思う人はほとんどいない

●「褒めてもらいたい」と思ったときに褒められるのがいちばんうれしい
   「自分を理解してくれている」という思いで、幸せな気分になる

●年に一度の大賛辞よりも、小さな褒め言葉を毎日かける
   褒めることを特別のご褒美だと考えると、褒めるチャンスを失う

●どんな人でも、褒めたい「いいところ」は見つかる
   相手のいいところを探して気づくのが、褒める基本

●相手が自分で気づいていない長所を褒める
   自分では気づいていない長所を他人に教えてもらうのはうれしい

●あとで、ではなく、その場で褒める
   時間がたってから褒めてもらっても、うれしくないことがある

●普段から気軽に褒める癖をつけておく
   普段は人を褒めない人が、急に褒めることは難しい

●チャレンジには、褒め言葉で後押しする
   挑戦しようという人には、励ましの褒め言葉で応援する

●「教えてほしい」と求めることは、最高の褒め言葉である
   自分の経験や知識が相手に求められることは、文句なしにうれしい


 人がうれしくなる言葉は、すべて褒め言葉と考えていいでしょう。
感謝・励まし・いたわり・信頼の気持ち・親しみの感情など褒め言葉をかけて参りましょう。