ワンポイント・達人シリーズ

雇用を増やした事業者に対する税制優遇制度が創設されました

 平成23年度の税制改正によって、国内の雇用増加を促進するための税制が創設されました。
「雇用促進計画」をハローワークに提出し、1年間で5人以上(中小企業は2人以上)、かつ、10%以上従業員数を増加させた事業主は、従業員数の増加1人当たり20万円の税額控除が受けられます。

1.適用時期

   ̻〇法人の場合は、平成23年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する
     各事業年度(以下「適用年度」といいます)

   〇個人事業主の場合は、平成24年1月1日から平成26年12月31日までの各暦年


2.適用のための条件

   〇青色申告書を提出する事業主であること

   〇適用年度とその前事業年度に、事業主都合による離職者がいないこと

   〇適用年度に雇用者(雇用保険加入者)の数を5人以上(中小企業の場合は2人以上)、
     かつ10%以上増加させていること

   〇適用年度における給与等の支給額が、比較給与等支給額(※)以上であること

   〇風俗営業等を営む事業主ではないこと

※1
比較給与等支給額=前期の給与等支給額+(前期の給与等支給額×雇用増加割合×30%)



wp1.png


この制度を受けるにはハローワークへ雇用促進計画の提出が必要になります。
従業員を増やす予定がある場合には、各担当者にご相談ください。