ワンポイント・達人シリーズ

復興特別所得税について

 平成25年1月から復興特別所得税が導入されます。それに伴い給料や報酬等の源泉徴収事務が変わりますので、どのように変わるかQ&Aで紹介します。

Q1.平成25年1月から導入される復興特別所得税の概要について教えてください。

    復興特別所得税は、東日本大震災からの復興財源の確保を目的として導入された税金です。
  平成25年1月から平成49年12月までの25年間徴収されます。
  復興特別所得税の税額は、基準となる所得税額に2.1%を乗じて計算されます。

<源泉所得税額と復興特別所得税の合計税額の計算>
支払金額 × 所得税の源泉徴収税率 × 102.1% = 合計税額



Q2.給与の源泉徴収は源泉徴収税額表を使用していますが、その税額表が変わるのですか?

    源泉徴収税額表が変わります。復興特別所得税を含んだ「平成25年分源泉徴収税額表」に変
  更されていますので、これを使用して下さい。また、給与計算ソフトで給与計算を行っている場合は
  バージョンアップが必要ですのでご注意下さい。

Q3.給与の源泉徴収は、いつの支払い分から変わるのですか?

    平成25年1月1日以降に支給日を迎える給与から、新しい税額表を使用します。
  例えば、平成24年12月末締めの給与を平成25年1月1日以降に支給する場合でも、平成25年分
  の所得となりますので、新しい税額表を使用します。

Q4.税理士や司法書士の報酬の源泉徴収はどのように変わるのですか?

    税理士等の報酬についても、源泉徴収税額が2.1%増えます。
  例えば、税抜50,000円、消費税2,500円の報酬を支払う場合の源泉徴収税額及び支払額は次の
  ようになります。

① 源泉徴収税額   50,000円 × 10% × 102.1% = 5,105円
   ② 支払額      50,000円 - 5,105円 + 2,500円 = 47,395円




その他にも、預金に対する利子や株式の配当などについても源泉所得税が2.1%増えることになります。詳しくは、当社担当者まで問い合せください。