ワンポイント・達人シリーズ

消費税増税のスケジュールと経過措置

 平成26年4月に8%、平成27年10月に10%へと消費税率の増税が予定されおり、それに伴い、「増税の経過措置」が講じられています。そこで、どのような増税のスケジュールになっているのか、どのような経過措置なのかを解説致します。

≪消費税の増税スケジュール≫

%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E3%81%AE%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG



 現段階では、上図のような増税のスケジュールとなっています。なお、食品などの生活必需品へ低い税率を設定する「軽減税率」は平成27年度段階の導入が検討されています。

≪増税の経過措置≫
  請負工事など、契約の締結から引渡まで長期間を要するものには「増税の経過措置」が設けられています。
 平成25年9月30日までに契約をしたものに関しては、引渡が平成26年4月1日以降になる場合でも5%の旧税率が適用されます。

%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%81%AE%E7%B5%8C%E9%81%8E%E6%8E%AA%E7%BD%AE.JPG



※平成27年度の10%税率の改正時も同様の経過措置がとられ、27年3月31日までに契約したものは8%の税率が適用される予定です。

 増税のスケジュールや経過措置の内容を踏まえた、今後の販売計画や投資計画を早い段階から検討しましょう。