ワンポイント・達人シリーズ

ここだけは押さえておきたい! 印紙税改正

 

 平成26年4月1日から領収書等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました。  

具体的な改正内容と知ってトクする印紙税の節約方法について紹介します。 

 

① 印紙税の課税対象となる金額が万円以上から万円以上へ

 

ワンポン20140424.JPG

② 知ってトクする印紙税の節約法

 

 領収書の消費税額等が明らかな場合は、税抜金額が5万円未満であれば印紙の貼り付けが必要ありません。面倒でも消費税額等の金額を記入するようにしましょう。

 

【例】税込52,290円(税抜49,000円/消費税3,920円)の商品を販売した場合 

 

ワンポン20140424②.JPG 尚、誤って収入印紙を貼った場合には、文書の原本を税務署に提示し確認を受けけることで印紙税の還付が受けられます。知ってトクする印紙税の知識をしっかり押さえて、賢く節税を図ってまいりましょう。