ワンポイント・達人シリーズ

『 マイナンバー制度 』が始まります

今年10月から『マイナンバー』(個人番号)が本人へ通知されます。企業側では源泉徴収税や社会保険料など各種申告にマイナンバーが必要になりますので、従業員、パート社員、アルバイトから収集しなければなりません。

 

 

マイナンバーとは

 

マイナンバーは、個人は12ケタの番号法人は13ケタの番号が割り振られます。

税金と社会保障の分野で、個人・法人の情報が一元管理され、手続きが簡素化し、行政サービスの利便性が図れるといいます。

 

 

従業員だけでなく家族のマイナンバーも必要

       

2016年1月から順次マイナンバーの利用が始まります。企業では従業員の税金などを申告する場合にマイナンバーの記載が必要となります。また扶養控除がありますので従業員本人だけでなく扶養家族のマイナンバーを把握する必要があり、マイナンバーの通知書のコピーを会社に提出してもらう形になるでしょう。
(健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届などの社会保険の手続きもマイナンバーが必要です)

 

 

社内セキュリティーもしっかりと  

             

企業は、従業員などのマイナンバーが漏れないよう厳重に管理しないと法律で罰せられます。他人にマイナンバーを教えても同じです。不正な利益を図る目的で、個人番号を提供又は盗用したりすると懲役、罰金になります。

 

 

マイナンバー.PNG