ワンポイント・達人シリーズ

減税・金融支援を活用しましょう!

 会社を成長させる為には、設備投資や人材育成は欠かせません。

しかし、その為には資金面など解決しなければならない課題が多く発生します。

そのような企業を支援する為、業種、事業規模を問わず、設備投資や人材育成を行う計画を策定し、その計画が国の認定を受けると優遇措置を受けられる制度があります。

 

➣ 優遇措置

固定資産税の減税

※新品かつ160万円以上の機械装置を取得した場合、3年分の固定資産税が半分になります。

商工中金・金融公庫の低金利融資

※認定者だけが使える特別融資(利率0.9%引き下げ等)が用意されています。

民間融資の保証枠の拡大

※保証枠の拡大により、融資の上限を引き上げることができます。(最大3億円)

 ・ものづくり補助金の審査に加点

※加点されることにより補助金の申請が有利にすすみます。

 

➣ 制度利用の流れ

①自社の現状分析や投資計画、取組内容などを所定の様式(2枚)にまとめます。

※様式は中小企業庁のHPからダウンロードできます。

※計画の策定・認定については、認定支援機関に依頼することもできます。

              ⇩

②事業分野ごとの担当省庁に提出をします。

※機械装置を計画認定前に取得した場合、取得後60日以内に認定される必要があります。

※認定手続きには30日前後かかる為、早めの提出が必要になります。

              ⇩

                認定

 

成長したい企業を後押しする、メリットの多い制度となっております。

今後、優遇措置の拡充も検討されております。

尚、弊社では認定支援機関に登録されています。