わたしたちは、経営管理に必要なあらゆるサービスを提供し、社会に役立つ企業を応援致します。

Blog

ブログ

医療費控除を活用しよう
2022.03.01

こんにちは、大友です ^^)
先週末からいわきは暖かくなりましたね。
土曜日にコートを着て出かけたら汗をかいてしまいました(笑)

 

今回は、医療費控除のことを少しお話したいと思います。

 

特に個人で確定申告をする方は適用になるか確認してほしい医療費控除。
言葉くらいは聞いたことがあるかもしれませんが具体的にどういったものなのでしょうか。

 

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の一部を収入から控除できる仕組みです。
年間の医療費が10万円以上の方は医療費控除を受けられる可能性がありますので、
確定申告の際に必ず自分が対象になるか確認するようにしましょう。
確定申告で医療費控除を申請すると所得税が軽減、過払いの税金が還付されます。

 

医療費控除の対象となる医療費は『医師による診察や治療、治療のために必要な医薬品など』です。
例えば、、、
・医師に支払った診療費・治療費(入院・通院時等)
・妊娠中の定期健診費用、出産費用
・不妊治療、人工授精
・寝たきりの人のおむつ代 など

 

逆に医療費控除が適用されないのは『美容・健康や病気の予防を目的としたもの』です。
・入院中の差額ベッド、特別室の費用
・美容目的の手術や歯列矯正
・予防接種代
・人間ドックや健康診断費用 など

 

それ以外に注意しておきたいことは、セルフメディケーション税制です。
これは『疾病予防の取組などを行う個人が購入した医薬品』などが対象で、
病院に行かずに市販薬品の利用が多い人はセルフメディケーション税制を検討してみてください。
ただし、【医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できません】
これが一番注意しなければならないことです。
また、セルフメディケーション税制は対象となる市販薬も決まっているので事前に確認しましょう。

 

年間の医療費を確認したり、明細を探し出すのが面倒に感じるかもしれませんが、
是非医療費控除を活用してみてはいかがでしょうか。

最近の投稿
カテゴリー
  • 通販経理
  • 相続総合支援センターいわき・相双
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.0246-27-9110

受付時間 9:00~18:00 / 定休日 土日・祝日